JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


原料情勢

2月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
・供給面では変更なし。
・需要面に関しては輸出需要が増加。アルゼンチンの干ばつ懸念から米国産の競争力が上昇するとの見方が反映された。
・結果的に期末在庫は先月発表から125百万ブッシェル減少し、2,352百万ブッシェル(期末在庫率:16.12%)となった。


世界
・高温乾燥による影響でアルゼンチン産の生産量が減少した。
・またウクライナでも生産量が減少、直近の公的機関による発表が反映された。
・貿易面では米国とブラジルの輸出需要が増加した一方で、アルゼンチンとウクライナで減少した。
・期末在庫は先月から下方修正され、203.09百万トン(期末在庫率19.0%)となっている。

 

 

 
大豆
米国

・供給面では変更なし。
・需要面では輸出需要が減少。ブラジル産に対する競争力減退が反映された結果となった。
・結果的に期末在庫は先月から上方修正され、530百万ブッシェル(期末在庫率:12.66%)となった。


世界
・生育に適した天候となったブラジルで生産量が増加、一方で高温乾燥懸念に悩まされているアルゼンチンでは減少した。
・期末在庫は先月から下方修正され、98.14百万トン(期末在庫率:28.6%)となっている。

 


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.