JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


原料情勢

4月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
・供給面では変更なし。
・需要面に関しては飼料需要が減少。
・結果的に期末在庫は先月発表から55百万ブッシェル増加し、2,182百万ブッシェル(期末在庫率:14.78%)となった。


世界
・高温乾燥による影響でアルゼンチン産は前月よりさらに生産量が減少した。
・ブラジルでは2期作とうもろこしの作付面積減予想を反映して生産量減少となった。
・上記アルゼンチンとブラジルでの減産見通しが現実となれば、16/17クロップより計14.5百万トン減少することになる。
・期末在庫は先月から下方修正され、197.78百万トン(期末在庫率18.5%)となっている。

 

 
大豆
米国

・供給面では変更なし。
・需要面では搾油需要が増加。
・搾油需要増に関しては堅調なミール相場に支えられ、搾油マージンが良好であることが反映された。
・結果的に期末在庫は先月から下方修正され、550百万ブッシェル(期末在庫率:13.20%)となった。


世界
・ブラジルで生産量が増加、一方で干ばつの影響を受けたアルゼンチンでは前月より大幅に減少した。
・生産量減少を主要因として、期末在庫は先月から下方修正され、90.8百万トン(期末在庫率:26.5%)となっている。


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.