JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


原料情勢

12月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
・供給面に変更なし。
・需要面に関してはエタノール需要が50百万ブッシェル増加した。マイロからとうもろこしへ原料需要が振り替えられた。
・結果的に期末在庫は先月発表から50百万ブッシェル減少し、2,437百万ブッシェル(期末在庫率:16.82%)となった。


世界
・中国及びEUの生産量が増加した。中国は直近で中国国家統計局により発表された統計が反映された結果となった。EUはルーマニアの生産量増加が他国の減少分を上回った。
・ロシアで輸出需要が減少する一方、EUでは増加した。
・期末在庫は先月から上方修正され、204.08百万トン(期末在庫率19.1%)となっている。

 

 

 
大豆
米国

・南米産の競争力増加見通しから米国の輸出需要が25百万ブッシェル下方修正された。
・作付け面積増加見通しから種子需要が5百万ブッシェル上方修正された。
・結果的に期末在庫は先月から上方修正され、445百万ブッシェル(期末在庫率:10.33%)となり、2006年度以降では最大となっている。


世界
・ブラジルとアルゼンチンで輸出需要が増加。米国からの需要が振り替えられた。
・期末在庫は先月から上方修正され、98.3百万トン(期末在庫率:28.5%)となっている。

 


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.