JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

3月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
〇16/17年産
供給面での変更はなし。
・需要面に関してはエタノール需要量が50百万ブッシェル増加した。週間エタノール生産報告やNASSによる搾油レポートで堅調なエタノール需要が確認されたことが反映された。
・一方飼料用需要は50百万ブッシェル減少した。
・結果的に期末在庫は先月から変更なしの2,320百万ブッシェル(期末在庫率:15.87%)となった。


世界
〇16/17年産
・作付面積、単収ともに上方修正された結果、ブラジルの生産量が増加。単収は史上最高が見込まれる。
・生育に適した天候が続く南アフリカの生産量も増加見通し。
・インドの生産量も上方修正。直近の政府統計が反映された。
・アルゼンチンの生産量も増加見通し。早撒きのとうもろこしで期待以上の単収となっている。
・輸出需要に関してはブラジル、アルゼンチン、南アフリカで増加見通し。一方輸入需要はイランで引き上げられた。
・期末在庫は先月から増加し220.68百万トン(期末在庫率:21.2%)となった。

 

 

 
大豆
米国

〇16/17年産
・供給面での変更はなし。
・需要面に関しては搾油需要が増加する一方、輸出需要は減少した。
・輸出需要はブラジル産大豆の競争力増加により減少した。
・期末在庫は先月から15百万ブッシェル増加し、435百万ブッシェル(期末在庫率:10.63%)となっている。


世界
〇16/17年産
・ブラジルの生産量が史上最高となる108百万トンに上方修正された。
・ブラジルでは生育に適した天候が続き、単収も史上最高となる見通し。
・貿易面ではブラジル、パラグアイの輸出需要が増加する一方、米国が減少した。
・中国の輸入需要が上方修正され史上最高となる87百万トンに上る見通し。
・期末在庫は先月から増加し82.82百万トン(期末在庫率:25.0%)となった。

 

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.