JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

1月発表 アメリカ農務省穀物需給見通し 国内需給・コメント



 
とうもろこし

米国 
・供給面では単収が上方修正されたことにより生産量が増加した。176.6bu/acreは史上最高単収。
・需要面に関しては工業・種子用需要が増加したものの、飼料用需要は減少した。
・結果的に期末在庫は先月発表から40百万ブッシェル増加し、2,477百万ブッシェル(期末在庫率:17.12%)となった。


世界
・ロシア及びベトナム、フィリピンで生産量が減少した。ベトナムは北部地域での豪雨より単収が予想よりも悪化していたことが要因とされる。
・貿易面ではロシアとブラジルの輸出需要が減少、タイが増加した。
・期末在庫は先月から上方修正され、206.57百万トン(期末在庫率19.4%)となっている。

 

 

 
大豆
米国

・供給面では単収が下方修正されたことで生産量が減少した。
・需要面では搾油需要が増加したものの輸出需要が大きく減少した。背景には南米産に対しての競争力低下がある。
・結果的に期末在庫は先月から上方修正され、470百万ブッシェル(期末在庫率:11.06%)となった。


世界
・ブラジルとEUで生産量が増加した一方、アルゼンチンと米国では減少した。ブラジルでは直近の政府レポートで高単収が報告されている。
・期末在庫は先月から上方修正され、98.57百万トン(期末在庫率:28.6%)となっている。

 

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.