JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

 
平成29年9月29日
 
全国農業協同組合連合会 (JA全農)
 
輸入粗飼料情勢 / 平成29年9月号
 

1.アルファルファヘイ
 主産地であるワシントン州コロンビアベースンでは、現在4番刈の収穫が進行中です。コロンビア川沿いの国立公園で今月初めに発生した山火事は依然として拡大しており、数百人もの人々が避難を余儀なくされている状況です。鎮火の目途は立っておらず、煙による視界不良を理由にポートランドとパスコをつなぐ84号線は一部閉鎖されています。その他、西海岸北部周辺でも山火事が多発しており、煙が大量発生しています。この煙が日照の妨げていることによって、コロンビアベースンでは例年よりも高湿度となっており、アルファルファヘイの乾燥に悪影響を及ぼしています。このことから、9月に収穫された3番刈や4番刈の品質は通常よりも変色が多くなる傾向にあります。
 産地相場は先月からほぼ横ばいで推移していますが、高グレード品に対する国内外の需要は堅調であり、産地相場の上昇を招く要因として懸念されます。

 
2.スーダングラス
 主産地であるカリフォルニア州インペリアルバレーでの今年の作付面積は、灌漑局の作付レポートによると昨年同時期対比で83%上昇となっています(9月13日時点)。昨年は産地相場が魅力的ではなかったため、2番刈の作付けを止めて野菜へと植え替える生産者が多かったですが、今年は堅調な産地相場を背景として2番刈に取り組む生産者が多い状況です。2番刈は収穫終盤を迎えており、茶葉の目立つ品質の発生が多い状況です。その背景としては、多湿な気候であることと、雨当たりを避けるために遅刈りを実施した生産者が多く、刈遅れ品が発生したことが挙げられます。こうした状況下から、2番刈の15-20%は品質不良品として米国内へ販売されると予想されます。

3.ストロー類
 バミューダストローについて、米国内需に加えて日本や韓国からの引き合いが強いため、産地相場は旧穀対比で上昇しています。
 ライグラス・フェスクストローについて、主産地であるオレゴン州ウィラメットバレーでは、8月下旬で収穫が終了しました。8月中旬に散発的な降雨がありましたが、これによる重度な雨当たりの発生は確認されていません。
 ライグラスストローについて、昨年対比で作付面積が減少したことと、昨年秋に播種された圃場の多くでは秋から冬にかけて多雨や多雪に見舞われて根腐れが発生し、単収が減少したことを背景として、今年産は需要量を賄うだけの供給力が不安視されています。
 一方でフェスクストローは春に播種され、翌年の夏に収穫されるので昨年秋から冬にかけての天候の被害をほとんど受けておらず、供給余力に今のところ問題はありません。

 
4.チモシーヘイ
 主産地であるワシントン州コロンビアベースンでは、現在2番刈の収穫終盤を迎えています。上述した山火事による煙の影響をチモシーヘイも受けており、2番刈では変色により#1グレードの発生が中心となっています。
 産地相場は旧穀対比で$40-50/MT程度の上昇を見せています。
 
5.豪州産オーツヘイ
(1) 東豪州
 作付面積は、昨年の豊作および国内の乳価低迷の影響を受けて昨年対比で5-10%の減少です。6月の降雨量は少なかったのですが、7月以降は降雨に恵まれており、今のところほぼ平年並みの単収($5-6/ha)になる見込みです。なお、今後は春に向けて日照時間が長くなるとともに、気温が上昇してくるため、天候に恵まれれば上級品の収穫が期待されます。豪州国内の酪農家需要の高まりが予想されるものの、2016年産が豊作なため今のところ価格への影響は見られていません。

(2) 南豪州
 今年1月に発生したプレス工場の火災や昨年の豊作の影響から作付面積は昨年対比で10-15%の減少です。5-6月中の降雨量が少なく(特に6月の降雨量は記録的少なさであった)、生育は例年と比べて遅れ気味です。早めに作付けした圃場は生育が良い一方で、遅めに作付けした圃場の生育が進んでいない状況です。7-8月は一定量の降雨に恵まれましたが、単収については未だ不明です。

(3) 西豪州
 作付面積は、昨年の豊作および国内の乳価低迷により10-15%の減少です。6月の乾燥が厳しかったものの、7-8月の降雨で状況はやや好転した模様です。ただし、単収は3-5MT/haと例年を下回る概念があります。6月までの降雨量不足により既に収穫が期待できない圃場もある模様です。放牧用の圃場が少なくなるとの懸念から国内需要が高まる可能性が考えられますが、今のところ価格への影響は見られていません。今後の天候次第で上級品の収穫が期待されます。

                                                                                                                                               以上

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.