JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索

食鳥市況

1.生産動向

 生産・処理動向調査((一社)日本食鳥協会9月下旬取り纏め)によると、平成29年8月推計実績は、処理羽数が54,912千羽で前年比101.3%、処理重量も160.1千トンで同102.3%とともに前年を上回った。当初全国的に猛暑との予測で育成不良による体重減も予想されたが、月の平均気温が前月差・平年差とも下回った北海道・東北地区の生産成績が順調に推移し処理重量が前年比104.9%となり前月報告の計画(同101.2%)を大きく上回った。熱死等の発生で厳しいと言われた西日本地域でも、処理重量が前年を下回ったのは北部九州地区(同99.1%)のみに留まった。
 9-11月の生産は、入雛羽数・処理羽数・処理重量とも全て前年を上回ると計画されている。10月の処理羽数・処理重量はともに前年比2%強上回る見通し。11月については、当初ヒナ不足とも言われたものの処理羽数は同3%上回る計画で、処理重量が同1.9%の上回りに留まっているのは、年末向け中ビナ出荷の増加等が一要因と考えられる。


2.輸入動向

 財務省9月28日発表の貿易統計によると8月の鶏肉(原料肉)輸入量は52千トンで前年比113.2%と大きく上回った。主な国別ではブラジル37.5千トン(前年比114.9%)、タイ11.1千トン(同100.7%)、アメリカ1.8千トン(同96.7%)でブラジルが大幅に上回ったが、1-8月累計では352.7千トンで前年比94.2%と下回っている。昨年の在庫過多による輸入数量の調整や現地出荷遅れ等が要因と言われている。(独)農畜産業振興機構の需給予測によると、9-10月の輸入量はブラジル現地の旺盛な輸出意欲や日本国内の好調な需要を背景に前年同月を大幅に上回る予測と報告された。
 鶏肉調整品の8月輸入量は43.7千トンと前年比で117.8%と上回り、今年3月以降前年を大幅に上回ってきており、3か月連続で40千トンを超えた水準となっている。要因としては、やきとり・フライドチキンに加えサラダチキンが量販店・コンビニ等での販売が急増しているためと考えられる。1-8月の累計でも同114.7%となっており、中国・タイからの輸入量は9月以降も増加傾向が続くものと思われる。


3.消費動向

(1)家計
 総務省家計調査による平成29年8月の全国一世帯当たりの鶏肉消費(購入)量は、前年比103.4%の1,199g、購入金額は前年比105.9%の1,180円でともに前年を上回った。日本政策金融公庫実施の消費者動向調査によると、食料品購入に係る志向について「健康」が14半期連続で最多回答との報告となっているが、テーブルミートやサラダチキン等でのむね肉需要の高まりを裏付けるかたちとなった。

(2)量販
 日本チェーンストア協会によると8月の総販売額は天候不順要因もあり前年比0.5%減少し、食料品全体でも前年比0.3%減少した。しかしながら畜産品は同1.9%増加し、畜種全般に動きは良いと報告され、不調の農産品・水産品からの需要シフトとの指摘もある。牛肉は輸入牛中心で焼肉用・ステーキが、豚肉は冷しゃぶがそれぞれ好調、鶏肉は相場高の影響で好不調の判断が分かれるとされているが、前月から引き続き焼肉用としての肩肉(小肉)等は品薄との報告があった。
 
(3)加工筋
 日本ハム・ソーセージ工業協同組合がまとめた7月の加工品仕向肉量は国産・輸入合計で38,978t(前年比1.6%増)、そのうち鶏肉は4684.3t(同4%増)となっておりサラダチキン等の需要好調を物語っている。しばらくはこの傾向が続くと考えられる。



4.在庫状況

 平成29年7月の推定期末在庫数量は、農畜産業振興機構の発表によると、国産は前月比で生産量に対し出回り量が上回ったことにより減少傾向、輸入品においても、輸入量の減少に対し出回り量が上回ったため微減、合計でも前年比88.0%の147.7千トンと報告された。
 8月の国産在庫は、生産・供給量が前年を上回り、夏休み期間および天候不順等の影響で出回り量は前年を下回る見込みのため前年を若干上回る見通し。9月については、出回り量の回復が見込まれており、供給量は前年を若干上回る計画ではあるが在庫は前年を下回る見通し。
 輸入品在庫は8月の輸入数量が前年同月比で大幅に上回り、今後も増加傾向であること等から最需要期を踏まえ増加が予測される。特にハイレベルで輸入される調製品(フライドチキン等)の動向次第では、さらに積み増しも予想される展開となってきた。


Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.