JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


にわとり    
はどれくらい きるのかな?

 (たまご)鶏肉(とりにく)をつくるための(とり)たちは、(たまご)()(とり)卵用種(らんようしゅ)=レイヤー」、(にく)()べるための(とり)肉用種(にくようしゅ)」、(たまご)もたくさん()むし、(にく)づきもよい「卵肉兼用種(らんにくけんようしゅ)」に(おお)きく()けられています。そしてそれぞれの目的(もくてき)によって()期間(きかん)()めています。これを経済寿命(けいざいじゅみょう)といい、(とり)本来(ほんらい)寿命(じゅみょう)にくらべるとかなり(みじか)くなります。

卵用種(らんようしゅ)は、ふ()してから5ヶ月後(かげつご)くらいから(たまご)()(はじ)めますので、その(あと)(ねん)から1年半(ねんはん)ほど(たまご)をとります。だんだん(たまご)()まなくなるので、だいたい2(ねん)ほどで加工肉(かこうにく)として出荷(しゅっか)します。

鶏肉(とりにく)()べるための(とり)には、「ブロイラー」と「地鶏(じどり)」がいます。ブロイラーは(はや)(おお)きくなるので(やく)ヶ月後(かげつご)出荷(しゅっか)地鶏(じどり)()ごたえやうま()()すためにおよそ4~5ヶ月後(かげつご)出荷(しゅっか)します。

一方(いっぽう)愛玩鶏(あいがんけい)として()われて、10年以上(ねんいじょう)()きている(にわとり)もいます。

Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.