JACCネット

JA全農が提供する畜産総合情報サイトです。

会員ログイン

ログインID

パスワード

サイト内検索


こぶた   なんとう う  
子豚 何頭生 まれるのかな?

(ぶた)(にく)生産(せいさん)するために()われている動物(どうぶつ)です。
したがって養豚場(ようとんじょう)では、子豚(こぶた)(おお)()ませて、(はや)(おお)きくなるように肥育(ひいく)することを目標(もくひょう)としています。

子豚(こぶた)
()雌豚(めすぶた)育成豚(いくせいとん)発情(はつじょう)妊娠(にんしん)しやすい時期(じき)>を(しめ)(はじ)める6ヶ月齢(かげつれい)体重約(たいじゅうやく)100kg(ごろ)導入(どうにゅう)され、2ヶ月後(かげつご)生後(せいご)ヶ月齢(かげつれい))の体重約(たいじゅうやく)130kgで交配(こうはい)(はじ)めます。
妊娠期間(にんしんきかん)は114日間(にちかん)で、「3月3週3日(みつきさんしゅうみっか)」と(おぼ)えます。

母豚(ぼとん)一度(いちど)分娩(ぶんべん)子豚(こぶた)を10(とう)ほど()みます。
分娩後(ぶんべんご)
母豚(ぼとん)は3週間(しゅうかん)ほど(21~25(にち)子豚(こぶた)授乳(じゅにゅう)します。

離乳後(りにゅうご)(やく)週間(しゅうかん)(ふたた)発情(はつじょう)(むか)えて、交配(こうはい)妊娠(にんしん)分娩(ぶんべん)()(かえ)します。
健康(けんこう)
(ぶた)場合(ばあい)年間(ねんかん)(やく)(かい)分娩(ぶんべん)をするので、平均(へいきん)すると1(とう)母豚(ぼとん)から1(ねん)()まれる子豚(こぶた)は、20頭以上(とういじょう)にもなります。

()まれたての子豚(こぶた)体重(たいじゅう)が1.3kgほどになります。

離乳(りにゅう)
した子豚(こぶた)肥育豚(ひいくとん)として、哺乳期前期(ほにゅうきぜんき)哺乳期後期(ほにゅうきこうき)子豚育成期(こぶたいくせいき)肉豚肥育期(にくとんいくせいき)()て、だいたい6ヶ月(かげつ)(25(しゅう)(れい)体重(たいじゅう)110~115kgで出荷(しゅっか)できるよう飼育(しいく)されます。

6ヶ月齢(げつれい)体重(たいじゅう)100kg程度(キロていど)雌豚(めすぶた)育成豚(いくせいとん)として導入(どうにゅう)する。



発情(はつじょう)したら自然交配(しぜんこうはい)人工授精(じんこうじゅせい)をします。3週間(しゅうかん)して(つぎ)発情(はつじょう)がこなかったら妊娠(にんしん)です。

再発情(さいはつじょう)不受胎(ふじゅたい)
  (ぶた)平均(へいきん)21(にち)とほぼ一定(いってい)発情周期(はつじょうしゅうき)()(かえ)しています。妊娠(にんしん)しなかった場合(ばあい)(つぎ)発情(はつじょう)()って交配(こうはい)します。


妊娠期(にんしんき)(114日間(にちかん)
  妊娠期(にんしんき)最後(さいご)のひと(つき)は、胎子(はらこ)(おお)きくなるのでタンパク(しつ)(おお)飼料(しりょう)(あた)えるようにします。(はじ)めてのお(さん)では看護分娩(かんごぶんべん)をすることもあります。



()まれたての子豚(こぶた)体温調節(たいおんちょうせつ)苦手(にがて)です。また、病気(びょうき)にもなりやすいので(あたた)かくきれいにします。

授乳期(じゅにゅうき)(21(にち)~25日間(にちかん)

  子豚(こぶた)初乳(しょにゅう)()むことで、病気(びょうき)(たたか)(ちから)免疫力(めんえきりょく))を母豚(ぼとん)からもらいます。()まれてから24時間(じかん)以内(いない)(とく)に6時間(じかん)以内(いない)初乳(しょにゅう)十分(じゅうぶん)()むことが丈夫(じょうぶ)(そだ)秘訣(ひけつ)です。



離乳前(りにゅうまえ)から人工乳(じんこうにゅう)()らしておくと(餌付(えづ)け)、スムーズに離乳(りにゅう)できます。

空胎期(くうたいき)(4日から7日+α)

受胎中(じゅたいちゅう)発情(はつじょう)()こらないのがふつうです。離乳(りにゅう)すると、4~7(にち)(つぎ)のお(さん)への準備(じゅんび)(ととの)います。



母豚(ぼとん)(ふたた)交配(こうはい)(おこな)います。()まれた子豚(こぶた)肥育豚(ひいくとん)として肥育(ひいく)され、(のち)出荷(しゅっか)されます。



Copyright(C) 2010. Z-BS. All rights reserved.